村上春樹

騎士団長殺し第1部をようやく読み終わる

今頃になって、4月に難波の高島屋の地下の丸善で買った、 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/02/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (51件) を見る をようやく読み終えた。すぐに第2部を買っ…

アフターダークとカンガルー日和

最近読んだ村上春樹の小説2冊。アフターダーク作者: 村上春樹出版社/メーカー: 12345発売日: 2004/09/07メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 54回この商品を含むブログ (547件) を見るアフターダークは、実験的作品なんだろうか。村上春樹らしいところもあ…

1Q84 BOOK3予約開始とか

1Q84 BOOK 3、amazonで予約受付中になっている模様。 2010/4/16に新潮社から発売予定。BOOK1とBOOK2は図書館に問い合わせたら半年待ちということだったので 結局2冊とも購入したのだけど、BOOK3も同じ状況になりそうな気がしなくもないので、 この際amazonで…

ランナーの気持ちが分かったような気になる

もちろん、ただ分かったような気になっているだけ、という自覚はある。 走ることについて語るときに僕の語ることを読んだ。自転車に乗る人とランニングをする人の層というのは、結構重なっているような気がするのだけど、あいにく私はランニングは全然しない…

1Q84

昨日の続き。 とりあえず、上巻を購入。amazonで買おうかと思ったが、手元に図書カードがあったので書店で購入。

スプートニクの恋人

高校生の頃、村上龍とか村上春樹は読んでいたはずなのだが、今になって思い出そうとすると余り話を覚えていない。部分的に印象に残った表現は記憶に残っているし、作品の雰囲気みたいなものも何となく覚えているのだが、レビューを書くとか書かないとかそう…