OSHO

TAO 永遠の大河 2巻

Tao永遠の大河〈2〉―バグワン・シュリ・ラジニーシ老子を語る (1980年)をひさしぶりにぱらぱらと読んでみたり。 老子の本だが、この分厚い本には老子以外のお話もたくさん含まれている。 たとえば、輪廻転生とか生まれ変わりとか過去生とか… ことがことだけ…