日本の中のユダヤといえば…

 http://nishinomiya-style.com/blog/page.asp?idx=10000076&post_idx_sel=10016309で、『日本の中のユダヤ』について書かれていた。
ブログ主の笹舟倶楽部さんは、兵庫県西宮市は甲東園、神呪町で笹舟倶楽部という喫茶店を経営されておられるのであるが、

笹舟倶楽部

食べログ笹舟倶楽部

その西宮市こそが、もしかしたら日本の中のユダヤなんじゃないの?って思う時がある。
それは、市章を見たときだ。
http://www.nishi.or.jp/contents/00009721000200005.html
市章の画像
上記ウェブサイトによれば、西宮市章は、大正15年4月に制定されたそうだ。もちろん当時はまだイスラエルは建国されていなかったし、ヒトラー率いるナチスドイツによるホロコーストが起きる前なんだけど、一体どこからこの六茫星というアイデアが出てきたのだろう。


笹舟倶楽部さんのブログで紹介されている、
日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)

日本人とユダヤ人 (角川文庫ソフィア)

の著者、イザヤ・ベンダサンがどういう人物であるかについては、
[書評]日本人とユダヤ人(イザヤ・ベンダサン/山本七平) Part 1: 極東ブログに詳しい。
てっきり山本七平一人が化けていたと思っていた私には、目から鱗。