読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンコール版ランチパスポート奈良で、一望へ

 最近このブログをスマホから読んでいる人は気がついているかもしれないけれども、ここしばらく当ブログ内で注目記事のトップを争っているのが、


ランチパスポート奈良で一望に3回行ってきた - いんさいど あうと・あうとさいど いん

なのだ。これは前回のランチパスポート奈良の時の話で、最近この記事に来る人が多いのは、1/15~4/14まで有効のアンコール版ランチパスポート奈良が、現在大人気だからだと思う。
どれくらい大人気かというと、ランチパスポートに参加しているお店にランチタイムに行くと、レジに並ぶお客さんがみんなランチパスポートを手にしていたりとか、和牛握り寿司が人気のランチが11時からの、サンワシティ西大寺内のお店に12時に行っても、パスポートのランチは売り切れましたと断られてしまうこともあるくらいである。
Facebookの奈良関係のグループにも、ランチパスポートでランチ食べてきたり、スイーツを食べてきた方の投稿が絶えない。

はっきり言って、ここまで流行ってしまうと、却って使いたくなくなる天邪鬼な性格なのだけれども、既に買ってしまったものであるし、確実に美味しいところを中心に何軒か回ることにはしている。というか、ランチパスポートは税込み994円なので、たとえばスーリールダンジュで3回ケーキセットを食べたら、元は取れている計算になるのだけれども。

 それで、さてどこに行こうかということになると、やっぱり一望のラーメンが食べたくなった。思えば前回のランチパスポートで3回行ったものの、その後は、三宮の天孫降臨や、肥後橋の座銀、それから京終のNOROMAなど他のラーメン店に行っていて、しばらく御無沙汰していた(富田林のポパイはクッパしか食べなかったので、あえてカウントしていない)。

そんな訳で、いざ一望へ。今回の一望のランチパスポートメニューは、「魚介とんこつラーメンライスセット」だ。お店の入り口のところにお知らせがあって、食材の値上げにより、ランチパスポートのメニューを変えさせていただきましたと書かれていた。確かに前回は明太子ごはんか温玉ごはんだったのが、今回は白ごはん。これもアベノミクスによる円安の影響ってやつかしらん(知らんけど)。というか500円だからそんなものだろう。ちょっと切なくはあるが、そんなことを忘れさせてくれるのが、良いラーメンというものである。

化学調味料を一切使っていないというだけあって、相変わらず食べやすい。濃厚とんこつが売りのお店だけど、この魚介とんこつスープはむっちゃ濃厚とまでは行かず、バランスがとれた範囲に収まってる感じ(※個人の感想です)。麺も美味しいのだけど、さすがに少し自分の舌がここのラーメンに慣れてきた気もする。でも食べると元気出るので、やっぱり一望は好きなお店なのだ。また来ようっと。

 

ラーメン プロの技術 (柴田書店MOOK)

ラーメン プロの技術 (柴田書店MOOK)

 

 


一望 (ichibou) - 菜畑/ラーメン [食べログ]