読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古代小麦のパスタ

 最近読んだ本によると、今の小麦って昔の小麦から品種改良を繰り返していて、全然違う種類の植物みたいになっていて、その結果、小麦の中のグルテンがやたら増えているそうな。

また最近はグルテンを食事から取り除こうというグルテンフリーダイエットというのもあって、ウインブルドンで優勝した&錦織選手にも連勝中のジョコビッチというテニス選手は、グルテンフリーにしてから心身の能力がはっきりと向上したとか。

ジョコビッチの生まれ変わる食事

ジョコビッチの生まれ変わる食事

 

 ジョコビッチ選手は、おうちがピザ屋さんだったり、少年時代は戦争の爆撃の中、パンで命をつないでいたので、最初は「小麦をやめるなんてとんでもない!」というような思いもあったみたいだけど、オープンマインドでありなさいというコーチの教えに従い、14日間試してみたら小麦抜きのほうが身体も心も凄く調子いいし、宿敵にも勝ったしウインブルドンのチャンピオンにもなったよ!というストーリー。なぜ小麦が害になるのかという理論についてもちゃんと書かれているし、レシピの例も巻末に掲載されている。

まあグルテンフリーにする前から凄い選手だった訳だし、普通の人はコンマ何秒と言った単位で動作を早くする必要はあんまりないのだけれども、糖尿病やそれ以外の様々な病気の予防や健康状態の改善とも関わってくるし、小麦をやめると自然といらない脂肪が落ちるということなので、実は多くの人に関係あるということ。

しかしじゃあ自分も実践してみようという気になるかというと、うどんもラーメンもパスタもパンもスコーンもクッキーもケーキもティラミスもプリンもシュークリームも食べないという生活は、全然送ってみたいと思えないので、今のところ、あんまり真面目に取り組む気はない。

ただ知識として知っておくと、疲れたくないときや気分が不安定なときにはパンよりお米にしておくとか、パスタをグルテンフリーのパスタにしておくとか、うどんより十割そばにするとか、体調の多少の調整を主食の選択によって行うことができるのではないかと思ったりした。

でもまあ、小麦て美味しいし、ジョコビッチ選手のような凄い強敵と日々戦う人生でもない訳だし、やっぱり小麦は食べる気がする。

それで最初に戻るのだけど、同じ小麦を食べるのなら品種改良を重ねた今の小麦よりもスペルト小麦(古代小麦)を食べたほうがグルテンが少ない分身体に優しい、特に消化に優しいみたいなので、試してみてもいいかなと思った。

 そんなときに、メッセンジャーにこのパスタいいよというメッセージが偶然(!)飛び込んできたのでメモ代わりにここに貼っとく。自分が本当に買って食べてみる気になったときに、クリック一つで買えるように。こんなパスタ、おいらが普段買物してるイオンビックやCOOPでは、売ってないからね。

 そういえば、2014年に友達のブログでグルテンフリーダイエットのことを初めて知ったんだけど、あれから月日が流れてぐんとメジャーになってきた感。

 

joshitabi.info