ミニ発売60周年記念モールトン

  ミニのサスペンションはモールトン博士の開発になるもの。もちろんBMW MINIではなくて、英国車の方のミニのこと。というわけで、ミニ発売60周年を記念したモールトンが発売されるそうな。ベースモデルはSSTで、税込352000円の完成車。記事が9月なので今はもう少し高くなるかもしれないが、問い合わせてないのでわからない。

www.dynavector.co.jp

SSTはフレームだけで30万8千円(税込)するので、完成車で352000円は普通にSSTを完成車にするより安いと思う。英国の誇る大衆車ミニの記念モデルだけのことはある。

モールトンらしい、トラスフレームの美しい自転車。20インチ(406)モデルなので、17インチモデルにありがちな、タイヤが高くて困るとか、タイヤの選択肢にバリエーションがなくて嫌になるといった問題もない。

買うかどうか、買えるかどうかは別として、魅力的なモデルだと思った。

 

そういえば、自転車を購入するとSNSにアップする人がとても増えてるこの時代に、Yフレーム

www.dynavector.co.jp

も、XTB

www.dynavector.co.jp

も、検索かけてみても、あまり出てこないなあという印象。注文生産で納車までやたら時間がかかるのか、それとも全然売れていないのか。有力販売店のサイト見ても、まだ入荷はしていないっぽい。ちょっと実車見てみたさはあるのだけれども。

一方、ミニ発売60周年記念モールトンの方は、

Moulton Cone Edhition 限定はSSTベースでこの価格です! – velo life UNPEU

によると11月に入荷を予定しているのだとか。

まあでもミニ好きな人多いし、高級モデルと比べたら入手しやすいと考えられる人もいるだろうし、あっという間に売り切れちゃうのかも。しらんけど。

 

That’s Moulton―魅惑の小径自転車アレックス・モールトン (別冊ベストカー)

That’s Moulton―魅惑の小径自転車アレックス・モールトン (別冊ベストカー)

 

 車体ばかりか、中古本にまでプレミアがついているのも、モールトンだからなのか。

The Spaceframe Moultons (Bicycle Science)

The Spaceframe Moultons (Bicycle Science)

 

 こちらの洋書もハードカバーはなかなかのお値段で、

The Spaceframe Moultons (Kleine Bibliothek)

The Spaceframe Moultons (Kleine Bibliothek)

 

 ペーパーバックなら、なんとか・・・という感じ。でもハードカバーは大きさも魅力。

 手持ちの自転車だけで手一杯感あるので、とてもモールトンにまで手を出せないのですが、もしXTBが前後ディスクブレーキ仕様だったら、誘惑を断ち切れなかったかもしれない、とは思います。まあ誘惑を断ち切れなくても、買わなかったら同じなのですが。