読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜか痩せてた9月後半

 「大して運動もしていない割に、高校入学以降の最低体重記録を更新。筋肉量が落ちてるのでなければいいんだけど。この秋の食事量はもう少し増やして良しとする。」

 

と自分が書いたのが先月の後半で、その後は秋の長雨の影響等もあり、あまり自転車に乗れていないし、特に他に運動もしていないので、体重は若干増えている可能性があると考えられる。

基本的に夏に痩せて冬に太る体質で、通常3kgくらいは冬のほうが重い。7~8kg違う年もあって、もしかしたら皮下脂肪で寒さに対応する妙な癖が身体についてしまっているのではないかとも思う。

自分がそうだから、他人もそうなんだろうなと想像していたのだけど、冬に痩せて夏に太る人もいるみたいで、そういう人に言わせると、運動量が同じなら、基礎代謝には、寒い方が、より多くのカロリーを必要とするはずだと言う。

人間は常に35~37度程度の体温を維持する恒温動物だから、それは物理学的に正しいのだけど、夏は食欲が落ち、冬は食欲にターボブーストがかかる感じなので、基礎代謝の差以上に、食べる量が増えているのだろう。

これまでのところ、どうせまた暑くなれば痩せると、冬の体重増加は無視していたのだけど、自転車に乗ることを考えると、冬場重くなっているのは損している気もする。軽いパーツが無駄になってる感じかも。1年を、1.暑い(夏) 2.寒い(冬) 3.ちょうど良い(春と秋)の3つに分けると、年の3分の1の間、凄い重い自転車に乗っているようなものだ。 

 

そう考えると流行りの低糖質ダイエットでもしてみようかと思わなくもないけれども、自分の好きな食物を考えると、ちょっと無理があるし、やっぱりもう少し走ろう・・・

 

 

ライザップごはん 決定版 おうちで簡単!

ライザップごはん 決定版 おうちで簡単!

 

 蛋白質多めの料理を続けると、自炊でも結構エンゲル係数が上がってくる印象があるのだけど、それが実際のところどれくらい上がるのか、一度試してみたいとは思う・・・。