Bryton Rider 15を購入

 5年くらい使用していたキャットアイステルス10が、ハンドルから落下して破損。しばらくサイコンのない自転車生活を送っていた。それはそれで速度を気にしないで済むし良いものだけど、そろそろまたサイコンが欲しくなってきた。

 

タイヤ径の異なる車体が多く、GPSサイコン以外は考えられない。

 

しばらくネットでレビューを見て比較検討していたが、結局ウエムラサイクルパーツ梅田店BrytonRider15を7000円台後半で購入

https://www.instagram.com/p/B452vRiFg2H/

#brytonrider15 #hpvelotechnik #grasshopperfx #recumbent


速度表示が思っていた以上にスムーズで、この5年間にGPSも進歩したと思う。

走行データのアップロード先もBrytonの専用アプリで、スマホとサイコンをBluetoothで同期させる方法。PCにつながなくても良い。Stravaにも専用アプリ経由でデータをアップロード可能。
ナビ機能はないが、道に迷ったらiPhoneのGoogleMapを見るから特に問題ない。今のところ結構お気に入りだ。

 

みかんのカロリー

 どちらかと言うと、夏痩せて冬太るタイプだ。

逆だとなんだか寒そうなので、これでいいのだと思っているところもある。

ただ、どうして冬になると体重が増えるのだろうか?というこの問いに対する正確な答えをまだ見つけていなくて、自分なりにいくつかの仮説はあるのだけど、その一つが、冬にみかん食べ過ぎ説。なにしろみかんは甘いし、食べると元気になる。目の前にあればあるだけ食べられる気がする。もしかして相当カロリー高かった?と思ったので調べてみた。

みかんのカロリーや栄養成分 | のま果樹園 によると、可食部100gあたり大体45kcalということだ。しかしみかんで100gてどれくらいだろう、というか1個のみかんの重さはどんなものだろう?という疑問が出てきたが、

みかんのカロリーや糖質は1個(S・M・L・2L)でいくら?食べ過ぎると太る? – 情報整理の都 というサイトに重さが載っていて、今私が食べているみかんは明らかにSサイズなので、36kcalくらいと考えたら良いみたい。意外と少なかった。みかんは冬場の体重増加の原因ではないのかもしれない。でも目の前にあると5個でも10個でも食べてしまいそうなので、やはり自制は必要なんだろう・・・

1日に3つくらいに抑えられたらなあ・・・と思う。

 

 

愛媛県産 訳あり完熟プチみかん 10kg
 

 

 

 

 

自分用に入手して後に人に譲った自転車のリスト

BikeFriday Metro7

f:id:kuyu:20171020184932j:plain

・Haro Extreme X2

f:id:kuyu:20031218094656j:plain
ブリジストン ハンディバイク(6インチ)

f:id:kuyu:20191119205123j:plain

・Tsunami2026(右の白いの)

f:id:kuyu:20191119204929j:plain

・KHS Manhattan1216(手前の白いの)

f:id:kuyu:20080412100919j:plain

・Microbike

f:id:kuyu:20070913090457j:plain

・Cannondale R800

f:id:kuyu:20050516224538j:plain

・Bipod ANT

f:id:kuyu:20191119211308j:plain

・Jamis Dragon

f:id:kuyu:20191119211507j:plain

計9台。

また何か手放すかもしれない。

 

 

PC 『ペットボトルカバー』 シャロン ペットボトル入れ ブラック 500ml 72041

PC 『ペットボトルカバー』 シャロン ペットボトル入れ ブラック 500ml 72041

 

 

03年7月のハンディバイク

f:id:kuyu:20191109105421j:plain

Handybike(6inch)

 2003年7月20日と記されたフォルダから出てきたが、管理がいい加減なので日付が正しいかどうかは自信がない。確かオフ会があって、場所は大阪府吹田市の千里あたりだったように曖昧に記憶している。

一番手前で折りたたまれているのが自分の自転車で、日本国内ではブリジストンから発売されていた、ハンディバイクの6インチ。今でもヤフオクなどでは時々見かける。

輪行しても邪魔にならない折りたたみ時の小ささと、約8kgの軽量さが長所で、あっちこっちに輪行して乗っていたけれども、後に自転車友達に有償譲渡(というかある自転車と交換)されることになる。

登坂能力、ブレーキの効き、巡航速度、パンクのしやすさ、様々な課題を持つ超小径折りたたみ自転車だったが、実に楽しいバイクであった。

不幸なことに、このハンディバイクは、新オーナーに譲られてしばらくして、盗難に遭ってしまう。その後発見の報告などはないので、おそらく盗まれたままだったのだろう。そのオーナーさん自身も数年前にご逝去。思えば年月が経ったものだ。

 

 

 

Tsunami26/700の頃

場所は磐船神社の前の道路の反対側

 

 

バイシクルクラブ12月号おまけのロードバイクソックス

 ロードバイクソックスが付録についているというシンプルな理由で、バイシクルクラブ12月号を買った。

帰宅して開けてみるまで、どんな靴下かわからないのだけど、まあギャンブルみたいなものだ。

f:id:kuyu:20191024080250j:plain

↑こんな感じだった。フリーサイズとあったが、通常27.5cmの靴を履く自分の足にもよくフィットした。ちょっとコンプレッション感があるタイプみたい。

いい買物ができた感がある。

 

ガチの自転車専用ソックスと比較したら、どんなものかはわからないけれど。

 

 

アカムパの世界放浪日記

  昔々、まだ世間にインターネットが普及していなくて、元号が平成で、20世紀と呼ばれる時代だった頃、インドのとある場所で、この本の著者のアカムパさんと会って、何度かお話したことがあったのだけど、それから随分時が経って、10年前の12月に南米ベネズエラで客死されたと聞いていたのでした。

アカムパの世界放浪日記 118カ国を旅した放蕩息子の旅日記

アカムパの世界放浪日記 118カ国を旅した放蕩息子の旅日記

 

それから更に時が経って、来月の1日に日記が本になって出版されるそうで。 
世界のあっちこっちをめっちゃ旅していた人だったので、日記も面白そう。