ダブルショット1が次期ペダル候補

 SPD-SLやTIMEやSPEEDPLAYのロード用ペダルの方が、ガンガン踏めて引けるという意見はわかるし、おそらくその通りなのだろうけれども、デザインが好みなのと、着脱が楽なのと、比較的歩きやすいSPDクリート対応シューズで使えるという理由で、ビンディングペダルは今もクランクブラザーズを使っている。

そんなに細かい軽量化にこだわる理由もなく、適当にキャンディーやエッグビーターの安いモデルを乗り継いているけれども、何年かに一度は壊れて、買い替えの必要に迫られる。まあ大した出費にはならないことが多いのだけど、それがどれくらいの金額になるかは、その時のamazonヤフオクwiggleの状態にもよるのであった。

今はキャンディーとマレット、そして未だにクワトロが現役だったりするのだけど、2セット持っていたクワトロは片方ずつ壊れて、左ペダルがイエローで右ペダルがピンクの組み合わせで、BikeFridayに組み付けられている。

 ペダルを付け替えるのが前から面倒なのだけど、最近は更に面倒になってきたので、これを機会にもうひとつペダルを新調しようと考えている。今回は気分を変えて、ダブルショットにしようかと思っている。ブロンプトンやANTみたいに、フラットペダルで乗ってもビンディングペダルで乗ってもどちらでもいい自転車が家にあって、ペダルを換えずに靴だけ変えれば良いと時間の節約になるし、試乗会のようなことをするオフ会などで、普通の靴で来ている人にも試乗してもらいやすい。

上記のように、amazonで見ると現在6660円で、この値段であれば海外通販を使わずとも、amazonで十分安いと思える。

と思ったら、これは定価が7260円ということで、そんなに大幅に割引されているわけでもない模様↓。

cyclist.sanspo.com

個人的に、宅急便を待つのもそんなに好きな行為ではないので、どこかのショップにあったら、そのまま買ってしまうかもしれないし、やっぱりamazonで買うのかもしれない。

とりあえず次買うペダルはこれにしようと思ったことを忘れないように、ブログ記事にしてたりするのであった。紙のメモは紛失しやすいし。

Performerの工場の動画[リカンベント][トライク]


Performer Custom Trikes and Bikes Factory Tour

 mixiでマイミクさんが紹介していた、台湾は台中にあるリカンベント(とその他の自転車の)メーカー、Performerの工場の動画。

6年前にできた新しい工場だそうで、清潔で機能的な感じが好印象。

リカンベント、トライク、カーボンロード、タンデム、クロモリロード...いろいろ作っている様子が見られて楽しい動画。溶接やホイール組みの様子も映っている。

リカンベントについて、動画の中でジョージ社長が、
「トライクが90%、リカンベントバイクが10%」と言っていたのにびっくり。
世界ではそんなにトライクが売れているんだなあ。

最後の方は、美味しそうな台湾料理レストランでの食事シーンも。

日本の台湾料理店ではあまり見ないような食材もあり、やはり現地に行って食べたいなあと思った。

 

zefal(ゼファール) Z Eye ヘルメットミラー ブラック

zefal(ゼファール) Z Eye ヘルメットミラー ブラック

 

そういえば、Performer FFWDを買ってから、もうすぐ10年なんだなあ! 

https://www.instagram.com/p/BmbDz2VnoA2/

#recumbentbike #yodogawa #osaka #performer_folding_front_wheel_drive #リカンベント #淀川 #大阪 #夏 #国道2号 #route2

除草剤で末期がんに、米裁判所 モンサントに約320億円の支払い命じる

除草剤で末期がんに、米裁判所 モンサントに約320億円の支払い命じる(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

 【AFP=時事】米カリフォルニア州在住で末期がんと診断されている男性が、がんになったのは農薬大手モンサント(Monsanto)の除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」のせいだと同社を提訴した裁判で10日、陪審モンサントに約2億9000万ドル(約320億円)を支払うよう命じた。

陪審は全員一致で、モンサントの行動には「悪意があり」、除草剤「ラウンドアップ」とその業務用製品「レンジャープロ(RangerPro)」が、原告のドウェイン・ジョンソン(Dewayne Johnson)さんの末期がんの「実質的」な原因だったと結論付けた。モンサントは上訴する意向を示した。

ラウンドアップ - Wikipedia

ラウンドアップ (英:Roundup) は、1970年アメリカ企業のモンサント社が開発した除草剤農薬の一種)。有効成分名はグリホサートイソプロピルアミン塩。グリシンの窒素原子上にホスホノメチル基が置換した構造を持つ。イソプロピルアンモニウム塩ではないグリホサート自体の分子量は169.07で、CAS登録番号は1071-83-6である。

5-エノールピルビルシキミ酸-3-リン酸合成酵素(EPSPS)阻害剤で[1]、植物体内での5-エノールピルビルシキミ酸-3-リン酸の合成を阻害し、ひいては芳香族アミノ酸トリプトファンフェニルアラニンチロシン)やこれらのアミノ酸を含むタンパク質や代謝産物の合成を阻害する(シキミ酸経路参照)。接触した植物の全体を枯らす(茎葉)吸収移行型で、ほとんどの植物にダメージを与える非選択型。

日本での商標権(登録商標第1334582号ほか)と生産・販売権は、2002年に日本モンサントから日産化学工業へ譲渡され、保有している(ただし2013年5月現在、日本で販売されているラウンドアップモンサントのベルギーにあるアントワープ工場で生産されたものを輸入している)。

  ラウンドアップは、アメリカ合衆国だけのお話じゃなくて、日本でも普通に売ってる除草剤。例えば、Amazonでも。

日産化学 ラウンドアップマックスロードAL 2L

日産化学 ラウンドアップマックスロードAL 2L

 

この記事の最初のリンク先で、

モンサントは声明で「ジョンソン氏と家族に同情する」と述べた一方、「過去40年、安全かつ効果的に使用され、農業経営者などにとって重要な役割を担うこの製品を引き続き精一杯擁護していく」として上訴する意向を示した。

と書かれているのだけど、「日本のラウンドアップ利用者の健康、大丈夫なのかな?」と、どうしても思ってしまいますね。 

 ちなみにこの裁判の弁護士ですが、

 法廷で頭を垂れて座るジョンソンさんの後方に座っていたジョンソンさんの弁護団の一員で故ロバート・ケネディ(Robert Kennedy)元司法長官の息子に当たるロバート・ケネディ・ジュニア(Robert F. Kennedy Jr)氏は、「この評決をきっかけに今後新たな裁判が次々に起こるだろう」と述べた。

 故ロバート・ケネディ(暗殺されたケネディ大統領の弟で、本人も後に暗殺される)の息子ということは、相当な実力者なのでしょうか。ちょっと調べてみないとわからないけど、只者じゃなさそうです。

物凄く久しぶりに、「2039年の真実」とか読みたくなります。

 

Bipod Mintのパンクを修理

  元々暑いのが得意なわけではない上に、今年の猛暑。
短距離と輪行ばかりの自転車生活だった7月。Mintがパンクしても修理するのも後回し、輪行はとりあえず代わりにブロンプトンで対応していたのでした。

 

 

アスファルトが熱くて登りがハード

暑いときに温泉に行ってどうするんだという気もするけど、意外と元気になるもの。

音の花温泉の食堂で中トロ。

https://www.instagram.com/p/BlNAGPPnVhq/

#sushi #chutoro #maguro #tuna #nenohanaonsen #寿司 #中トロ #鮪 #音の花温泉 #生駒市 #奈良県 #Japan #japon

お寿司とか海鮮丼とか、いろいろ食べられる食堂が音の花温泉の魅力。 

 

 

まんがで学ぶ寿司の技術: 東京すしアカデミーの授業 (実用単行本)

まんがで学ぶ寿司の技術: 東京すしアカデミーの授業 (実用単行本)

 

 

関西カレー食べ歩きの本

 このシリーズ、2015-2016版のを読んだことがあるけど、なかなか良かった。

この究極のカレー2019関西版も、表紙からして美味しそうだ。

「ニッポンが誇る大阪スパイスカレー」と銘打ってあるように、インドカレーでもなく既存のカレーライスでもない、スパイスカレーというジャンルが、着々と数年前から勢力を伸ばしている大阪。

究極のカレー2019 関西版 (ぴあMOOK関西)

究極のカレー2019 関西版 (ぴあMOOK関西)

 

 インド人もびっくりの一皿に、出会えるだろうか?

 

究極のカレー関西版 (ぴあムック関西)

究極のカレー関西版 (ぴあムック関西)

 

 ↑前読んだのはこれ。

Origamiに続く、AZUBの折りたたみリカンベント

 強い雨がざあざあと降っていて、走りに行く気にもなれず、久しぶりにAZUBのサイトなど見ていると、こんな記事が。AZUBはチェコリカンベントメーカーで、過去には日本の販売店であるHC WORKSにスタッフが来店したことも。

azub.eu

これはOrigamiに続くAZUBの折りたたみリカンベント第二弾のプロトタイプで、AZUB MINIの折りたたみヴァージョンということ。

MINIとORIGAMI、何が違うかというと、いろいろ違うんだろうけど、ひと目でわかるのは、MINIの方は前後にサスペンションがつき、キャリアもよりたくさん積める本格ツーリング用のものになること。泥除けもついてる。

より沢山荷物を積んだ、長距離の本格ツーリング向きということになるだろうか。

 We are still unsure whether we will go into production with it or not, but we would like to give it a try as to a prototype.

実際に生産するかどうかは、まだはっきりしていないが、試しにプロトタイプをつくってみたそうだ。 欲しい人はAZUBに応援のメールでも送ったほうがいいのかしらね。

「生産してくれたら買うよ!」て。

 

 

 

意外と早く梅雨あけそうで、もう買わなくていいかと思ってたけど、これくらい雨が降ると、やっぱりヘルメットレインカバーも一つあった方がいいかなと思う、雨の土曜日。